■紫のプロフィール

紫

Author:紫
作家名:望月紫苑
通常の顔文字:(紫・w・)
性別:男
年齢:21歳
身長:170cm
体重:52~55kg
誕生日:1991年8月29日
出身地:千葉県
趣味:PC
高校時代の部活動:合唱
パート:セカンドテナー
必需品:音叉、楽譜
中学時代の部活動:バスケット
好きなアニメ:ARIA
好きなゲーム:ef - a fairy tale of the two.
好きな会社:minori
好きだったオンラインゲーム:CB
CB名:アヴィシス
セカンドCB名:紫/アメジスト
初期使用キャラ:トーヤ
好きな武装:全身紫武装のユフィ
主な出現場所:1ch
CBレベル:35
好きな漫画:ARIA
好きな漫画家:天野こずえ
好きな小説:生徒会の一存
好きな色:紫
好きな誕生石:アメジスト
好きな属性:風、光
好きな役割:後方支援
好きな技:死者の目覚め
好きな特技:円閃牙
好きな奥義:崩龍斬光剣
好きなFOF変化:襲爪雷斬
好きな初級術:リリジャス
好きな中級術:ネガティブゲイト
好きな上級術:インブレイスエンド
好きな秘奥義:閃破瞬連塵
好きな言葉:幻影、夢幻
好きな台詞:忘れたくない想い、ありますか?
好きな四字熟語:画竜点睛
好きな記号:θ、λ
使ってほしい呼び名:紫、紫苑
作成中の小説:猫とアメジスト
その他:歌うことは紫の生きがいです

~歌ランキング~
ベスト1:Sign / miru
ベスト2:さよならのかわりに / つぐみ寮寮生会合唱団
ベスト3:message / fripSide

~キャラランキング~
・男性
ベスト1:飯塚 武也
ベスト2:葵・トーリ
ベスト3:朝霧 海斗

・女性
ベスト1:雨宮 優子
ベスト2:湊 智花
ベスト3:東雲 皐月

~攻略済みゲームリスト(180つ)~
・CLANNAD
・車輪の国、向日葵の少女
・智代アフター
・Little Busters!
・AIR
・Kanon
・青空の見える丘
・FORTUNE ARTERIAL
・夜明け前より瑠璃色な
・Planetarian
・G線上の魔王
・あかね色に染まる坂
・こんな娘がいたら僕はもう…!
・魂響 ~円環の絆~
・その横顔を見つめてしまう ~A Profile完全版~
・Little Busters!EX
・Ever17 -the out of infinity-
・片恋いの月
・片恋いの月えくすとら
・D.C.Ⅱ
・夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle-
・ef -the first tale.
・W.L.O.世界恋愛機構
・Wind -a breath of heart-
・祝福のカンパネラ
・ピアノの森の満開の下
・空を飛ぶ、3つの方法
・カタハネ
・W.L.O.L.L.S. -世界恋愛機構 LOVE LOVE SHOW-
・ほしうた
・てとてトライオン!
・空を飛ぶ、7つ目の魔法
・Volume7
・eden*
・そして明日の世界より――
・終わりなき夏 永遠なる音律
・ゆのはな
・ツナガル★バングル
・しろくまベルスターズ♪
・遥かに仰ぎ、麗しの
・ほしうた -Starlight serenade-
・ナツユメナギサ
・サナララ
・Scarlett
・もしも明日が晴れならば
・ましろ色シンフォニー
・Airy[F]airy
・この青空に約束を―
・ショコラ
・パルフェ
・フォセット
・みずいろ
・暁の護衛
・Like a Butler
・暁の護衛 ~プリンシパルたちの休日~
・恋色空模様
・恋する乙女と守護の楯
・コンチェルトノート
・さくらシュトラッセ
・明日の君と逢うために
・暁の護衛 ~罪深き終末論~
・星空のメモリア
・素晴らしき日々 ~不連続存在~
・星空のメモリア Eternal Heart
・メルクリア ~水の都に恋の花束を~
・夏空カナタ
・明日の七海と逢うために
・天神乱漫
・彼女たちの流儀
・Areas ~空に映すキミとのセカイ~
・夏ノ雨
・置き場がない!
・光輪の町、ラベンダーの少女
・クドわふたー
・黄昏のシンセミア
・ヨスガノソラ
・さくらむすび
・秋空に舞うコンフェティ
・ハルカナソラ
・アメサラサ ~雨と、不思議な君に、恋をする~
・きっと、澄みわたる朝色よりも、
・涼風のメルト
・ef - a fairy tale of the two.
・天使の日曜日
・家族計画
・星空へ架かる橋
・恋神 -ラブカミ-
・キサラギGOLD★STAR
・さくらさくら
・よつのは
・ぶらばん!
・Flyable Heart
・Purely ~この狭い青空を見上げて~
・恋と選挙とチョコレート
・君の名残は静かに揺れて
・なないろ航路
・Clover Heart's
・のーぶる★わーくす
・しゅぷれ~むキャンディ
・H2O √after and another Complete Story Edition
・AQUA
・Flyable CandyHeart
・ラブラブル
・ひなたテラス
・グリザイアの果実
・猫撫ディストーション
・Steins;Gate
・ななついろ★ドロップス
・ヴァニタスの羊
・穢翼のユースティア
・空色の風琴
・CURE GIRL
・サクラの空と、君のコト
・はるかぜどりに、とまりぎを。
・舞風のメルト
・いろとりどりのセカイ
・君を仰ぎ、乙女は姫に
・キラ★キラ
・こいとれ
・シュクレ
・your diary
・未来ノスタルジア
・恋色空模様FD
・神聖にして侵すべからず
・うたてめぐり
・WHITE ALBUM2
・翠の海
・スズノネセブン!
・スズノネセブン! Sweet Lover's Concerto
・花と乙女に祝福を
・花と乙女に祝福を ロイヤルブーケ
・シークレットゲーム-KILLER QUEEN-
・シークレットゲーム CODE:Revise
・グリザイアの迷宮
・カミカゼ☆エクスプローラー!
・はつゆきさくら
・真夏の夜の雪物語
・Strawberry Nauts
・あまつみそらに!
・アッチむいて恋
・ましろサマー
・秋のうららの
・ツクモノツキ
・水の都の洋菓子店
・さくらビットマップ
・se・きらら
・リリカル♪りりっく
・星空へ架かる橋AA
・DRACU-RIOT!
・氷華の舞う空に
・D.C.Ⅲ
・この大空に、翼をひろげて
・はるまで、くるる。
・ユユカナ
・眠れる花は春をまつ。
・はぴとら
・春季限定 ポコ・ア・ポコ!
・×××な彼女が田舎生活を満喫するヒミツの方法
・波間の国のファウスト
・いたいけな彼女
・Faint Tone
・1/2 summer
・ANGEL NAVIGATE
・ボクラはピアチェーレ
・終わる世界とバースデイ
・StarTRain
・さくら、咲きました。
・いろとりどりのヒカリ
・Clover Point
・忘レナ草
・こなたよりかなたまで
・ゆきうた
・そらうた
・リアル妹がいる大泉くんのばあい
・アンバークォーツ
・LOVELY QUEST
・恋愛0キロメートル
・初恋サクラメント
・死神の接吻は別離の味
・ピュアガール

■紫の記述
■皆の温かいコメント
■トラックバック
■月別検査
■紫のカテゴリー
■空間転移装置

いろんな場所へ飛ぶことが出来ます

このブログをリンクに追加する

■礼拝者総数

おかげさまで20000ヒットです♪

次は30000ヒット目指してこれからも運営していきます♪

■紫のセルフィ

■ブロとも申請フォーム
■紫的ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今回は図鑑データを使った戦闘描写と設定が中心です^^
「いいからお前らはユフィを連れて早く行け!」

メタモン村での依頼を終えての帰り道、待ち構えていたのは二人の敵だった。

一人は、ゴウカザルのヒエン。

そしてもう一人は―――正確には人ではなく機械だが―――ドータクンのコードD。

「ここは俺たちが時間を稼ぐ。お前はギルドに帰って他の仲間と合流してくれ」

ゲンガーのフォルテは、バクフーンのアステルに向かって言い放った。

そのアステルの横には、苦しそうに呼吸をするユフィの姿があった。

「けど…っ!」

「躊躇ってる暇はない。俺とフォルテがいれば大丈夫だ。レオンもアステルについていけ」

フーディンのアールが、ユフィ達を庇うように前に立つ。

「分かった。アステル、行こう。ユフィをここに残していくのは危険だ」

レオンが言うと、アステルはフォルテとアールを交互に見た。

「…絶対に死ぬなよ?帰ってこなかったら許さないからな!」

アステルはユフィを背負うと、レオンと共に走り出した。

「さて、ヒエンとかいったか。またユフィの"いのちのたま"が目的か?」

フォルテが言った。

ヒエンは不敵な笑みを浮かべて拳を構えている。

「お前らには関係のないことだ。どうせここで死ぬことになるんだからな」

ヒエンがそう言い終えると同時に、フォルテとアールの足元に炎が燃え上がった。

二人はすかさず思い思いの方向へと避けた。










~フォルテ Side~

「くそっ、分断されたか!」

炎が高い渦を巻き上げて、あたりから熱気が伝わってくる。

これはおそらく"ほのおのうず"だ。

ちなみに俺の前には、いつの間にかコードDがいた。

一方ヒエンの姿が見えないが、おそらく渦の向こう側で分断されたアールと退治しているのだろう。

そんなことを考えていると、コードDが真正面から襲い掛かってきた。

「そう簡単にやられるかよ!"ナイトヘッド"!」

"ジャイロボール"で突っ込んでくるコードDに"ナイトヘッド"で対抗する。

手ごたえはばっちりだ。

それに今の一撃で間合いが大分狭くなった。

「"シャドーパンチ"!」

立て続けに技を放つ。

だが先ほどと違ってあまり手ごたえがない。

いや、手ごたえがないというよりもこれは―――

「"てっぺき"か!」

コードDの体はパンチ技では到底ダメージを与えられないほど硬くなっていた。

「だったらこれならどうだ!」

フォルテは得意の"さいみんじゅつ"を放った。

機械とはいえ、コードDが一通りの状態異常にかかることは以前確認済み―――

「―――シンピノマモリ機動」

「な!?」

コードDが"しんぴのまもり"のベールに包まれるなり、目の前からいなくなった。

というよりも、さっきから体の自由が利きにくい。

「まさか…"トリックルーム"!?」

そう思っていると背後からコードDの気配がして、振り返ってみるが―――

「―――標的、フォルテ、捕捉、"ラスターカノン"」

鋼の塊が飛んできた。

避けようとしても、体が上手く動かなくて避けきれない!

「―――敵、排除、完了」

砂煙が巻き上がり、瓦礫の山にフォルテが横たわっていた。

コードDはそれを確認すると、その場を後にした。










~アールSide~

「"かえんぐるま"!」

ヒエンが炎を身にまとって突進してきた。

「"かなしばり"!」

だがヒエンの炎はみるみるうちに小さくなっていく。

これでヒエンお得意の炎技は封じられた。

「"サイケこうせん"!」

超能力によって作られた特殊な光線でヒエンを攻撃する。

だがすばしっこいヒエンには、攻撃が届く前にかわされてしまった。

その後、すかさず音波が耳に届いてきた。

これは―――おそらく"いやなおと"だ。

頭が割れそうになるくらいの強力な音波。

すかさずヒエンはそこに突っ込んでくる。

「"マッハパンチ"!」

高速の拳が俺に向かってくる。

だがその拳は俺の元には届かない。

「なに…っ!?」

あまりの音波でその場を動けない俺は、咄嗟に"スプーンまげ"で俺の立ち位置に関する誤情報をヒエンの脳に送った。

それによって、ヒエンの拳は俺のいない場所で空を切った。

やつは軽く舌を打った。

「やっぱりお前の超能力は厄介だな。だが、これならどうだ?」

ヒエンは機械のようなものを取り出した。

拘束具に見えなくもない。

何かの道具かと思ったが、あんなに奇妙な形をしたものには覚えがなかった。

「食らえ!"エネルギーリムーブ"!」

「な、なんだこれは!」

その機械のようなもの―――どうやらエネルギーリムーブというらしい―――は俺の腕に張り付いた。

その瞬間、体中から体力を奪われていくような感覚にとらわれた。

「そいつは俺たちの組織が開発した道具だ。装着者の一番得意なタイプの技が一切使えなくなる。あんたの超能力は確かに強力だが、それ以外のことはあまり得意ではないだろう?」

超能力が使えなくなるだと?

それはまずい。

なぜなら超能力を使えなくなるということは俺にとっては攻撃ができないだけでなく―――

「ん?コードD。なんだ、もう終わったのか?」

気づけばコードDがヒエンと一緒にいた。

そんな、それじゃあまさかフォルテのやつ…!

「ま、とどめといくか。つかこの道具、攻撃を封じ込めるだけなのになぜか動くことすらままならないみたいだな。よくわからんが、動けないやつほど簡単に倒せるヤツはいないな」

ヒエンとコードDが俺に迫ってくる。

「"インファイト"!」

「―――標的、アール、捕捉、"ステミタックル"」

二人の攻撃が俺を襲う。

あぁ、なんかもうダメっぽいな。

俺は死を覚悟した。

アステル、約束守れなくて悪いな。

まぁあいつがいればユフィは大丈夫だろう。

レオンも最近は凄く強くなってきたし。

あぁ、なんだ、何も心配することないじゃん。

だったら、俺は―――

「な、どうしたコードD!」

そのときなぜがコードDが倒れた。

俺は状況が全く読めなかったが、これを好機と思った俺は―――










「ふぅ、やっと着いたな」

俺は何とかギルドに帰還した。

ちなみに俺の隣には―――

「それにしても、これメチャクチャ動きにくいな。あー、だるー、さっさとぶっ壊してもらわねぇと」

てっきり死んだと思っていたフォルテもいる。

「つ~かお前、最後どうやってヒエンに攻撃したんだ?この拘束具つけてる間って、お前の場合超能力使えなくなるんだよな?」

「つけられる直前に"みらいよち"使ってたんだよ。なんか嫌な予感がしたもんだから、念のためな。お前こそ、まさか突然影から飛び出してくるとは思わなかったよ」

「ゲンガー族は他人の影に潜むことができる。だからコードDの影に潜って"のろい"で気づかれないように少しずつ体力削って、"ふいうち"でトドメ。まぁメルトがいなかったら危なかったけどな」

「メルトっていったら…メタモン村で会ったあのメタモンか」

「あぁ、随分騒がしいと思って様子を見に来て、俺が倒される直前に来たんだよ。咄嗟に"へんしん"で俺に化けて、砂煙で視界が遮られてる間に俺と入れ替わって、倒されたフリをしてもらったわけ。俺が影に身を潜めたのもそのときだ」

どうやら俺もフォルテも、かなり危ない綱渡りをしたらしい。

ちなみになぜ俺につけられたはずの拘束具をフォルテがつけているかというと、"どろぼう"で俺から強引に引き剥がしたからだ。

「にしてもお前、戦いのとき以外も常に超能力使ってたんだな」

「フーディン族は本来、体を動かすことができないんだ。莫大な超能力で補佐しているに過ぎない。歩くことすら超能力が必要だから、拘束具をつけられたら俺は本当に何もできなくなる」

フォルテもそこそこ体力を使っていたから俺一人背負ってギルドまで戻ることはできなかった。

だから拘束具をフォルテにうつして、俺の"テレポート"で帰ることになったのだ。

フォルテは拘束具をつけても技を封じられるだけで普通に歩くことはできるらしいから。

「それにしても不思議な道具だな。一度つけたら外せないなんて」

「まぁギルドに戻ればジークもオルビスもいる。頭のいいあいつらなら、外す方法なんてすぐに分かるんじゃないか?」

「それもそうだな」

「フォルテ!アール!」

ギルドに入るなり、アステルが心配そうに話しかけてきた。

「おぅ、アステル。ちゃんと生きて帰ってきたぜ!」

「二人とも無事だったんだな。あれ、フォルテ、その拘束具はなんだ?」

「あぁ、これの話はあとで。それよりもユフィはどうだった?」

「すぐミコトさんに診てもらったけど、いつもの発作らしい。今は薬を飲んでぐっすり眠ってるよ」

「そうか、大事にならなくて良かった」

俺たちは三人でホッと一安心した。

何はともあれ、全員生き延びることができたらしい。

敵の目的は相変わらずまだ分からないまま。

ユフィの"いのちのたま"を狙っていることは分かっているが、その理由は不明。

けど今は、全員が無事だったことを喜ぶとしよう。

何もない日常を守っていくことが、ギルドの仕事なのだから。












というわけでギルド話第2弾です

今回はフォルテとアールの話

でもこの二人、設定的にはいつも喧嘩していて犬猿の仲のはずなんですが、今回の話じゃそういう様子が一切ありませんね・・・(汗)

ちなみに「エネルギーリムーブ」はオリジナルのどうぐです

オリジナルと言ってもちゃっかりカードゲームのトレーナーカードに同名のものがありますがw

敵組織側にはこれ以外にもおそらく卑怯などうぐがたくさんあるんでしょうね

とはいえ、この「卑怯などうぐ」設定はこの話書いてるときに思いついたものなのでまだ「エネルギーリムーブ」以外何も考えてませんがw

それにしても一体どういう仕組みなんだ、この「エネルギーリムーブ」・・・

つ~かそろそろレオンの話を入れたいところだな

今回あまりにも影が薄かったのでw

さっさとアステルとレオンのシロガネやまの遭難話を作らないとマジで空気キャラになってしまう

一応アステル、ユフィと同様にメインキャラ格のうちの一人なのに・・・

それにしても今回の本編、最後はテレポートで戻ってきたはずなのに「ふぅ、やっと着いたな」は矛盾してると思われる、自分で書いといてなんだけどw




以上!

ではでは~ノシ
スポンサーサイト


日記 | 22:19:23 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
初めまして。こちらのブログへはランキングを見てきました。突然お邪魔してしまい、申し訳ありません。

私は現在、創価学会というアメリカ、チリ、オーストリア、フランス、ドイツ、スイス、ベルギーにカルト認定されている宗教団体にテクノロジー犯罪を受けています。

報道されていませんが、川田亜子さんや清水由貴子さん、奈良の騒音おばさんもこの犯罪が原因です。

ぜひ多くの方に知っていただきたいです。

私のブログです。
http://disney8343.blog117.fc2.com/

よろしければご覧になってみて下さい。

NPOテクノロジー犯罪被害者の会というのもありますが、解決には至っておりません。

周りの方にこの犯罪の存在を教えてあげて下さい。

そしてもしも差し支えなければ、この集団ストーカーという犯罪をブログに書いていただけないでしょうか。

より多くの方に知って頂きたいのです。

そして、出来ればこのコメントを消さないでいただけるとありがたいのです。

何のことか意味が分からないことかと思いますが、これは現実に起こっている犯罪です。

私も奈良の騒音おばさんのことをテレビで見た時には、あのような事がまさか自分の身に降り掛かるとは思いませんでした。

皆様にもこの犯罪を認知してもらい、真剣に受け止めて頂きたいのです。

少なくとも私のようにならないように…。

この犯罪に対するご理解とご協力をよろしくお願い致します。突然長々と失礼致しました。
2010-06-08 火 06:57:22 | URL | 菜々 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-10-31 水 19:41:40 | | [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-02-27 水 08:12:33 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。